にいがた酒の陣

酒蔵数、日本一!新潟の酒蔵が大集合する、日本酒の一大イベント!

「にいがた酒の陣2019」は、
終了となりました。
沢山の方々にご来場いただきまして、
誠にありがとうございました!

2020年3月14、15日 にいがた酒の陣が変わります。

酒の陣2020に向けて
準備を進めております。
飲食ブース出店説明会は
下記バナーをチェック!

2020年3月14、15日から、にいがた酒の陣は
変わります。

にいがた酒の陣は、おかげさまでたくさんのお客様に楽しんでいただけるイベントになりました。
もともとは、新潟が生んだ多彩な新潟清酒を味わい、
新潟清酒のファンになってもらうために始まったイベントです。
しかし近年、会場内の混雑や飲みすぎてしまうお客様が増えるなど本来の目的が見えづらくなっているのも事実。
お客様にもっと新潟清酒のよさがわかり、蔵元と語り合いながら安心してお楽しみいただきたい。
にいがた酒の陣の原点に立ち返り、考えぬいた結果、私たちはこれまでの運営方法を見直す決断をしました。
ご理解をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

  • 試飲されるお客様に、
    もっとゆったりとした空間で
    お楽しみいただきたい。
    会場内に入るためには
    入場券が必要になります。
    試飲回数券付き入場券の
    購入をお願いします。
    未成年者の方は入場できませんのでご了承ください。
  • 一杯一杯を味わいながら、
    飲みすぎることなく
    お楽しみいただきたい。
    今後は試飲一杯ごとに
    試飲回数券と引き換えになります。
    試飲回数券は会場内で
    追加購入もいただけます。
  • 試飲会場の外でも、
    お酒やお料理を
    お楽しみいただきたい。
    どなた様でも
    無料で入場いただける会場を、
    試飲会場とは別に
    ご用意します。

その他、あらたなイベントを企画予定です。

ご来場のお客様にとって、新潟のお酒のことがわかり、好きになり、楽しめる。そんな催しを企画していく予定です。

にいがた酒の陣とは

「にいがた酒の陣」は新潟県酒造組合の50周年を記念して、2004年に第1回が開催されました。モデルとなったのが、ドイツのミュンヘンで1810年から開催されている伝統的なビールの祭典「オクトーバーフェスト」です。その土地を大切にし、県外及び国外から来た人たちと共に、地元の食と地酒を楽しむことがコンセプトです。
「にいがた酒の陣」も回を重ねるごとに来場者が増え、2018年は2日間で14万人の方に「にいがた酒の陣」を楽しんでいただきました。来場いただきました方には新潟県内ほとんどの酒蔵の地酒500種類以上を新潟の多彩な料理とともに味わっていただけます。
さらに多彩なステージイベントをはじめ、日本酒セミナーなど“新潟流”の個性あふれる祭典にとなっております。

酒づくりのこだわり

他県のお酒と比較すると新潟のお酒づくりは、とても贅沢です。たとえばお米の使い方。酒蔵では、玄米を白米にし、さらに精米にする手間を惜しみません。

表面のヌカを取り除いてお米の芯のデンプンを利用します。精米されたお米を、更によく磨き、本当に良いところだけ残して、きれいなお酒が造られています。
そのため、できるお酒の量はとても少なくなってしまいます。新潟酒は量より味、質にこだわり続けています。